銀行口座への振り込みキャッシングには注意が必要!

今では、銀行や消費者金融のキャッシングローンは銀行口座への振込融資を利用することが出来ます。
そのため、わざわざ専用ATMまで足を運ぶ必要がなく、利用手数料が無料になるなどメリットがあります。
特に銀行口座から引き落しがある前に口座残高が不足しているといった状況でも、直接口座に融資を受けることが出来るため、複数回の利用手数料をゼロにすることも可能です。

しかし、便利な振込キャシングですがデメリットもあることに注意する必要があります。
それは、振込名義であり、配慮はされているものの、インターネット検索をするとどこからの借り入れか簡単に分かってしまうことです。
例として、プロミスの場合は『パルセンター』、アコムなら『ACサービスセンター』という情報が多数あり、通帳に情報が残ってしまいます。
結果、ローンカードや利用明細などの郵送物を回避したとしても、手元に通帳がある限り、家族にバレる心配があります。

そこでおすすめの方法となるのが、インターネットバンキングの口座開設です。
この場合、紙媒体の通帳が発行されず、口座情報の管理はパソコンで館員ページにログインするかスマートフォンの専用アプリで行うことが出来ます。
振り込みキャッシングをメインに利用する場合、日常的に利用する銀行口座とは別に口座開設することをおすすめします。