カードローンの貸付方とは

カードローンはかなり身近なサービスになっているといえますが、これは極度方式貸付が採用されています。どんなやり方であるのかといいますとまず最初に信用度を測ります。これが与信という行為になります。そして、この人ならばいくらまでならば貸せると決めて、所謂、限度額を設定することになります。

この限度額の範囲内であれば何度でも貸すということをしてくれるようになります。極度方式とはその都度、審査を行うわけではなく、決められた額内ならば、それを超えない場合において審査をしない、ということです。

しない、というのはやや語弊がありますが、要するに既に最初の段階でこの限度額までならば貴方には貸せる信用度がある、となっているわけです。これはカードローン会社としてもその都度の審査をする手間とコストがなくなりますから、メリットがあります。

当然、利用する側としても一々待つ必要性がなくなりますから、極めて利便性が高いということになります。こうしたやり方をしているわけですが一度、限度額を決められたら一生その金額か、というとそうでもなく、増額申込みができたり、或いはカードローン会社から殖やせます、といった連絡がくることもあります。