新生銀行カードローンレイクが無くなるという衝撃のニュース

もうすぐ新年を迎えようとする2017年末に、このblog的に衝撃的なニュースが飛び込んで来ました。それは新生銀行カードローンであるレイクが、2018年3月末をもって新規貸付を停止し新会社に移行するというものです。つまり現在も毎日テレビで上地雄輔と朝比奈彩によるCMがバンバン流れていたのに、レイクは姿を消すのです。

新聞にはいろんな原因が書かれていました。新規貸付額は約9%も伸びているのに悪くはないはずなのですが、他の銀行カードローンの伸びはもっと高いようです。そして新生銀行のユーザーのたった5%しかレイクを利用していないのも理由として挙げています。

これは新生銀行のユーザーなら分かると思いますが、新生銀行は他にも独自のスマートカードローンプラスという別ブランドを持ち、そちらに力を入れているのがメールなどの案内から分かるのです。ちなみにスマートカードローンプラスは無利息サービスがない代わりに、金利が最大でも年14.8%と低いのが魅力です。

ここで注意することは現在レイクで借入がある方は、来年4月に借金がチャラになることは絶対にないということです。新会社は消費者金融になるみたいですが、返済は借入時の条件で続ける必要はあります。