キャッシングの本人確認は手持ちの書類で良い

キャッシングを利用する時、本人確認というのが必要です。大抵の人は本人確認の書類として運転免許証を提示するようなことが多いですが、運転免許証がないような人であれば保険証やパスポートでも大丈夫です。ですが必ず本人のものであることが大事なので、親や友人の物を借りて代用することは出来ません。

親や友人などの他の人の書類を提示した時は犯罪にもなりますから注意です。必ずキャッシングをする本人のものを用意しましょう。また、未成年であれば親の同意が必要なので、後々トラブルにならないためにも、どうしてもキャッシングが必要な時は親に相談して親からキャッシングの申し込みをしてもらったほうが都合が良いということもあるでしょう。